看護部についてこのページを印刷する - 看護部について

看護部の理念

私達は、「その人がよりよく生きることを支える看護」を提供します。

看護部基本方針

  • 患者に信頼される安全で安心な看護を提供します。
  • 知識・技術・人格を磨き、自律し実践できる看護師を育成します。
  • 熊本再春医療センターの使命を認識し、専門職として自己研鑽に努めます。
  • 各医療チームと協働し、患者中心のチーム医療を推進します。
  • 看護・教育・研究を通して地域に貢献します。
  • 組織の一員として病院経営に参画します。

看護部長挨拶

看護部長 藤丸 由美子

看護部長(認定看護管理者) 藤丸 由美子

2019年度、熊本再春医療センターに名称が変更されました。令和元年9月3日からは新本館棟での外来部門、一般病棟での運用を開始致します。患者さんに優しく、職員にとっても働きやすい環境が整いました。政策医療を推進する一方、救急急性期医療を担う中核病院としてますます地域医療への貢献に努めてまいります。

看護部は二次救急を含む一般医療の急性期看護から生活を支える看護まであらゆる健康レベルの患者さんに温かい看護が提供できることが求められます。看護部の理念である「その人がより良く生きることを支える看護」に向け知識・技術の修得、良質な看護実践と、対象への理解と尊厳を守ることができる豊かな人間性をもつ人材育成も必要です。そのためにActyナース(看護職員能力開発プログラム)に沿って、継続したキャリアサポートに努めながら働き続けられる環境づくりもめざしています。

社会においても当院の動向においても多くの変革の時期です。看護師として多様な変化にも柔軟に対応できるよう人間性も共に磨き一緒に成長したいと考えています。

看護部組織図

看護部組織図

各種委員会

各種委員会