リ・スタート教育このページを印刷する - リ・スタート教育

当院では、他施設で看護の経験を積んだ看護師のキャリア支援にも力を入れています。

熊本再春医療センター看護部 リ・スタート看護師育成プログラム

プログラムのねらい

中途採用の看護師が、自己の看護経験を土台にして、国立病院機構熊本再春医療センターにおいて看護実践を積み重ね成長し自己のキャリア形成をしていくことを支援する。

経験年数 成長する姿 キャリア支援 Off-JT計画 OJT計画
入職時 新たな職場へ適応できる

職場長と今までの経験や今後のビジョンについて面接

経年別教育、エキスパートナースコース等への参画を検討

教育担当師長の
個別支援

採用時OR(院内・各部署)

 

電子カルテ操作研修

経験に基づいた、教育プログラムを編成
1年目 当院のルールにそった看護を責任持ってできる 3ヶ月、6ヶ月、1年目等職場長、もしくは教育担当師長と面談し、メンタルヘルスサポートを受けながら職場適応を促進 リフレッシュ研修(6月)

 

看護師の責務(11月)

プリセプターおよびパートナーシップによる個別教育

 

個別教育プログラムに基づいた教育

夜勤研修(夜勤導入時)

2年目 部署の中で役割を果たしながら、経験に基づいたリーダーシップを発揮できる 必要時、メンタルヘルスサポート、キャリア支援のための個別面接 院内研修(経年別教育もしくはエキスパートナースコース)の参加 個別教育プログラムに基づいた教育
3年目 組織の一員である自覚をもとに自己の看護活動を充実できる キャリア支援面接を行い、今後のビジョンを確認する
スペシャリストへの道を目指すのであれば、研修受講準備を開始する
院内研修(経年別教育もしくはエキスパートナースコース)の参加 看護実践の中で
能力開発
4~9年目 これまでの経験をもとに自己のキャリア形成について考えることができる 自己のキャリア
開発計画の支援
院外研修(エキスパートナース研修)および認定看護師養成課程の受講推進 看護実践の中で
能力開発
10年目以上 機構職員としてのアイデンティティが形成され、看護チームのリーダーとなることができる 自己のキャリア
開発計画の支援
院外研修(エキスパートナース研修)および認定看護師養成課程の受講推進

 

自己の看護の
概念化研修

看護実践の中で
能力開発
20年目以上 自己の経験から培った看護の価値を見出し、後輩へ伝承できる 自己のキャリア
開発計画の支援
院外研修(エキスパートナース研修)および認定看護師養成課程の受講推進

 

自己の看護の
概念化研修

看護実践の中で
能力開発

リ・スタート研修を開催しました

他施設で経験のある看護師対象の研修です。
当院では、4月の入職時は、新人看護師と共に研修を受けますが、経験者ならではの悩みの共有や強みを活かしていくために、経験者だけの研修を行い、職場適応とキャリア形成をサポートしています。

第1回目研修

入職して3か月が経過し、少しずつ職場にも慣れ始めるころですが、仕事を任されることの緊張感や不安もあるため、この時期に経験者同士で思いを共有し、仕事に前向きに取り組んでいけるようにリフレッシュ研修を行いました。