教育研修このページを印刷する - 教育研修

熊本再春荘病院看護部が目指す看護

「その人がよりよく生きることを支える看護」

当院は、一般医療と政策医療を両立させる病院です。看護の対象となる方は、神経筋難病、重症心身障害、高齢などにより、自分の力だけで生きることが困難な状態にある人が多くおられます。そのため、当院の看護師教育は、専門的な知識・技術・倫理観などを駆使して、その人が、よりよく生きるということを支援する看護を提供できる能力を培っていきます。

看護部教育理念

私たちは、一人ひとりの人と真摯に向き合い、その人がよりよく生きることを支える看護を提供するための知識・技術・人格を備えた看護師を育成します。

教育目的

国立病院機構熊本再春荘病院および看護部の理念・基本方針にそった看護を実践し、病気や障害と共に生きる人を支える看護を実践するための能力および倫理観を兼ね備え、安心と信頼の看護を提供できる看護師となる人材を育成する。

教育目標

  1. 熊本再春荘病院および看護部の理念・基本方針を理解して行動できる
  2. 病気や障害と共に生きる人を支える看護に必要な専門的知識・倫理観を養い、根拠に基づいた看護実践ができる
  3. 専門職として自律し、多職種と協働しながら、患者のQOLを高める看護実践ができる
  4. 患者の意思決定を尊重した看護が実践できる
  5. 患者が安全・快適に生活できる環境を整える看護実践ができる
  6. 看護の喜びを感じ、自己の看護に価値を見出すことができる
  7. 専門的な知識・技術の獲得が自己成長と共に、他者を守るための手段であると認識し、自己研鑽できる
  8. 親しみやすく笑顔があり、相手を尊重した対応ができる

教育の概要

当院では、一人ひとりの経験を活かしながらサポートする体制づくりを心掛けています。

教育の特徴と様子

当院の看護師教育は、看護師一人ひとりの成長を捉え、その人に合わせた教育を心掛けています。新人教育では、プリセプター制、パートナーシップなどを取り入れ、先輩と共に看護を実践しながら学ぶことができる体制づくりに取り組んでいます。また、他施設で看護師経験を積んだ人に対しても、その人のキャリアに合わせた教育を取り入れています。
年間を通じて、メンタルヘルスサポート研修を実施し、職員が心身ともに健やかに成長できる職場環境づくりも目指しています。

当院の看護師が大切にしている看護

西3病棟 1年目看護師 福田 幸恵

福田幸恵

神経内科に配属となり、初めは患者様とうまくコミュニケーションを図れず悩むことばかりでした。患者様がおっしゃりたいことをその小さな口の動きや、瞬き、小さな手の動き等の反応からその思いを読み取っていかなければいけない場面が多く、とても難しく感じていました。
そんな中、先輩看護師に「はじめのうちは、知らないこと出来ないことがあって当たり前。だから焦らないで大丈夫。」と声をかけていただき、肩の力が抜けました。知識や技術と学ばなくてはならないことは山積みですが、患者様がおっしゃりたいことを、時間をかけて聴きながら、患者様の思いを汲み取れることを大事に頑張っています。

西4病棟 2年目看護師 小佐井 友美

小佐井友美

私が勤務する呼吸器病棟は急性期から終末期まで様々な患者様が入院されています。多くの知識・技術が必要とされる中で、先輩看護師のご指導の元学びのある日々を送らせて頂いています。
私の入職当初からの目標は「患者様の心に寄り添う看護」を提供することです。病気や今後の生活への不安を抱きながら入院生活を送られている患者様が自分の思いを表出できる相手になれるよう、普段から真摯な態度で対応することを心がけています。患者様と接する中で、学生の頃には見えなかった患者様の葛藤や、疾患や治療の多様性に戸惑う場面もありました。そのような時にはチーム医療を生かし、多職種で一丸となって問題解決に取り組むことで、個別性を考えたより良い看護へと繋げることができます。
ここ熊本再春荘病院では一年間を通して様々な教育研修が組んであり、技術から接遇、職員のメンタルヘルスなど、それぞれの課題を乗り越えていくために必要な知識や技術を身に付けることができます。患者様が自分らしく生きていくための選択肢を広げられるよう、今後も自己研鑽に努めていきます。

OP室 3年目看護師 鬼塚 悠介

鬼塚悠介

手術室への配属から、早2年がたちました。入職当初は見慣れない手術機材や手術室という環境に圧倒され、日々の勉強や業務を覚えることに必死でした。また患者様とどのように関わりを持てばよいのか、コミュニケーションがうまく取れず悩んだこともありました。そのような中でも先輩からのご指導や研修等に参加することで、学びや自己の振り返り、自分の看護を見つめなおすことが出来たように思います。
手術を目前に控えた患者様は不安や恐怖、今後に対する希望など様々な心理状態にあります。短い期間での関わりにはなりますが、手術を終えた患者様からの「ありがとう。」という言葉はとてもうれしく、やりがいを感じます。まだまだ未熟な部分はありますが、自分なりの成長を実感する事が出来ています。これからも専門職業人として自己研鑚を行いながら、患者様により良い看護が提供できるように精進していきたいと思っています。

東3病棟 11年目 大平 康伸

大平康伸

 私が所属する東3病棟は、循環器、代謝内科、呼吸器疾患などの混合病棟です。私が大切にしていることは「患者様がその人らしく生きられるように、サポートしていくこと」です。「この人はどんな人生を歩んできて、これからどのように生きたいのだろう」と考えながら日々の看護にあたっています。
患者様とその家族の背景には、様々な疾患を合併していたり、介護の問題など多くの課題が存在しており、いろいろな分野の知識や技術が必要となるケースが多くみられます。実際に介入する際には、医師をはじめとする多種職との連携が必要不可欠であり、一番近くで患者に寄り添うことができる看護職の役割は、とても重要でやりがいのあるものだと実感しています。患者様とその家族が、持っている力を最大限に発揮して、その人らしく主体的に生活していけるようサポートしていくために努力していきたいです。

東4病棟 10年目 下竹 麻衣

下竹麻衣

私が現在働いているのは、急性期治療を経過し病状が安定した患者に対して、在宅や介護施設への復帰に向けた治療や支援を行なう地域包括ケア病棟です。手術や急性期の治療を終えた患者様はもともと担われていた役割や機能を喪失している場合もあります。そのため、患者様本人はもちろんご家族も退院後の生活にとても不安を抱えておられます。医療的な側面を考え、患者様・家族の思いを汲み、地域との連携を図ることで患者様本人やご家族が安心して自宅や介護施設に帰れるよう、一番身近でサポートすることが私たちの役割だと思っています。
患者様がどのように生きてこられたのか、これからどのように生きていきたいと思っておられるのかを知り、その人らしく生きていけるよう患者様と一緒に考えていきたいと思っています。毎日笑顔で誠実に、基本を忘れず正しい知識と確かな看護技術を持って患者様と向き合えるようこれからも頑張っていきます。

西3病棟 20年目 原田 敦子

原田敦子

私が勤務しているのは、神経難病の病棟です。疾患の特殊性として症状が徐々に進行し、患者様は身体的精神的苦痛が余儀なくされます。その中で患者様の近くにいる看護師として、スタッフ皆で「患者様がその人らしく、より良く生きることを支える看護とは・・」といつも考えながら患者様に接しています。患者様やご家族の方から学ばせていただくことも多く、大変やりがいのある職場です。
私事ですが、再春荘病院附属看護学校卒業後、再春荘病院に就職し、早20年超えとなりました。学生当時、現在の本館が建設中であったことを想いだし、H31年に完成予定である新たな病院の建設風景を目にしながら時の流れを感じています。
看護師の仕事に就いて月日はだいぶ経ちましたが、今後も日々の気づきや人との出会いを大切にして、笑顔をたやさず患者様やご家族に接していけたらと思います。

東1病棟 実習指導者 菅野 千陽(写真右側)

菅野千陽

私の勤務する小児科病棟には、急性感染症や重症心身障害児の在宅移行支援・退院後のレスパイト入院さらに不登校児と様々な子どもが入院されます。入院や治療に伴う不安や苦痛は、子どものみならずご家族にとってもはかりしれないものです。自分の思いを上手く伝える事が出来ない子どもの思いや、ご家族の思いに寄り添いながら、安心して入院生活を過ごすことが出来るように、また退院後の生活がその家族らしく過ごすことが出来るように支援することを心掛けています。
また私は実習指導者講習会に参加後、病棟の中で実習指導者として役割を担っています。実習指導の中で、子どもと看護学生がより良い関係性が築けるように働きかけ、子どもの成長発達を支援しながら看護の喜びを感じる事ができるように関わっています。今後も看護学生と共に学び、自分自身も成長していけるように努力していきたいです。

南2病棟 難病看護師・副看護師長 西嶋 愛彦

西嶋愛彦

私は、神経・筋難病病棟の副看護師長として、また神経・筋難病学会認定の難病看護師の資格を持って勤務しています。主な対象は、進行性筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さまで、長期療養で入院されています。難病疾患は、現在のところ有効な治療法がなく進行する疾患です。一生その病を持ちながら生活し、疾患の進行や障害の出現によって生活の再構築を迫られます。私は、難病ケアの現場において、患者・家族の不安や思いに寄り添いながら、少しでも自己実現が可能となるような支援を心がけています。当院には同じ資格を持つスタッフが8名おり、専門知識を活かしてスタッフへの指導を行ったり、より良いケアに向けての検討を重ねることを主導したりしています。
進行していく病状と向き合う患者・家族は、常に過酷な意思決定を迫られることになります。私は、患者・家族のありのままを受け入れて、例えどんな意思決定をされたとしても、「その人らしい人生を生きる」ための支援を惜しまず、何よりも大切にしていきたいと考えています。

東4病棟(地域包括ケア病棟) 看護師長 大久保 祐子

大久保祐子

現在、地域包括ケア病棟の看護師長をしています。病棟の特徴としては、骨折後のリハビリであったり、肺炎後の生活訓練であったりと、様々な疾患の急性期を過ぎた患者様が、地域(在宅・施設等)に帰る為の準備をする病棟です。高齢の患者様が多く、入院(転棟)の時点からゴールを設定し、地域の協力者(家族・訪問看護ステーション・ケアマネジャー・包括支援センター等)と入院中から何度もカンファレンスを重ね、患者様が地域に帰ってより自分らしく生活できるよう、またよりよく生きることを支える看護を展開しています。
入院初期は、寝たきりだった患者様が、座位が取れるようになり、歩行器を使って歩けるようになっていきます。その過程の中で、患者様に笑顔が見られ始め、自身の生き方を話してくださるようになります。そして、退院が近づく頃には、自信に満ちた顔で地域に戻れる喜びを語られます。まさに看護の醍醐味を感じられる病棟だと思っています。
昨年5人、今年3人と新人が入職しました。新人教育の行き届いた教育研修で学習を深め、病棟ではパートナーシップで先輩に指導を受けながら、少しずつ自律できるようになってきています。
はつらつと、元気に看護の質を上げることに、真摯に取り組めるようになってきています。そんなスタッフをしっかり支えて、将来的には、一人ひとりの看護師が、自分のキャリアビジョンを考えることが出来るよう、長く仕事ができるようサポートしていきたいと考えています。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら