教育研修このページを印刷する - 教育研修

熊本再春医療センター看護部が目指す看護

「その人がよりよく生きることを支える看護」

当院は、一般医療と政策医療を両立させる病院です。看護の対象となる方は、神経筋難病、重症心身障害、高齢などにより、自分の力だけで生きることが困難な状態にある人が多くおられます。そのため、当院の看護師教育は、専門的な知識・技術・倫理観などを駆使して、その人が、よりよく生きるということを支援する看護を提供できる能力を培っていきます。

看護部教育理念

私たちは、一人ひとりの人と真摯に向き合い、その人がよりよく生きることを支える看護を提供するための知識・技術・人格を備えた看護師を育成します。

教育目的

国立病院機構熊本再春医療センターおよび看護部の理念・基本方針にそった看護を実践し、病気や障害と共に生きる人を支える看護を実践するための能力および倫理観を兼ね備え、安心と信頼の看護を提供できる看護師となる人材を育成する。

教育目標

  1. 熊本再春医療センターおよび看護部の理念・基本方針を理解して行動できる
  2. 病気や障害と共に生きる人を支える看護に必要な専門的知識・倫理観を養い、根拠に基づいた看護実践ができる
  3. 専門職として自律し、多職種と協働しながら、患者のQOLを高める看護実践ができる
  4. 患者の意思決定を尊重した看護が実践できる
  5. 患者が安全・快適に生活できる環境を整える看護実践ができる
  6. 看護の喜びを感じ、自己の看護に価値を見出すことができる
  7. 専門的な知識・技術の獲得が自己成長と共に、他者を守るための手段であると認識し、自己研鑽できる
  8. 親しみやすく笑顔があり、相手を尊重した対応ができる

只今準備中