救急外来このページを印刷する - 救急外来

地域の救急医療に寄与すべく、救急患者受け入れに積極的に対応できる体制の充実を図っております。
迅速な診断・治療を可能にするため、平日時間内は救急担当医が診療に当たり、必要に応じて複数の診療科の医師が協力する体制が整っています。また救急外来は、各種検査室や画像検査部門とも隣接しており、円滑な検査が実施できるよう工夫しております。今後も第二次救急医療を中心に、熊本県北での重要な役割を果たせるよう努力してまいります。

外来トリアージ

時間外受診にかかる時間外選定療養費につきまして

患者さま各位

国の医療政策の一環として、医療機関は規模や特性に応じて機能の分担を図ることが求められています。2次救急医療機関として、緊急度高い患者さまへの迅速な対応を行う為、時間外受診で、紹介状が無く、緊急度の低い患者さまにつきましても、時間内受診時と同様に保険診療費とは別に時間外選定療養費を徴収させていただくこととなりました。皆さまの趣旨のご理解とご協力をお願いいたします。

時間外選定療養費について

(平成30年9月1日~)
初診時5,400円

患者さまの受診時に、医師及び看護師が一定の基準により緊急度の判定を行います。そのため、患者さまと医療者との間で見解の相違が生じることも想定されますが、バイタルサイン等を確認の上、病院の基準により公平な運用を行います。

緊急度が高いと判断される例・・・救急車、傷病により歩行できない 等
緊急度が低いと判断される例・・・他の病院のいつもの薬が切れた、軽い熱発で歩行可能 等

また、各種公費負担制度(指定難病、自立支援医療、生活保護等)の受給対象の方、労働災害、公務災害、交通事故で受診される方、当院にかかりつけの方等については選定療養費の対象外となります。

時間外選定療養費の対象となる時間について

  • 平日 : 17時15分 ~ 翌朝8時30分 まで
  • 土・日・祝日・年末年始 : 終日