看護部の特色このページを印刷する - 看護部の特色

  • 政策医療である神経筋疾患(筋ジストロフィー、神経難病)や重症心身障害の病棟と一般病棟(外科・整形外科・内科・呼吸器内科・循環器内科・小児科など)、地域包括ケア病棟を有しています。
  • 政策医療は障害者入院基本料7:1、一般は急性期一般入院基本料4となっています。
  • 救急外来で24時間地域の方々へ看護を提供しています。
  • 地域医療連携室では、看護師が常時対応して入院されるまでの外来、入院中から退院後を見通したサポート、退院後の他施設や他診療看護体制(在宅診療・看護介護など)との連携を図っています。

日本難病看護学会認定 難病看護師

熊本再春医療センターには7名の難病看護師が在籍しています。
難病看護師の主な役割は、難病看護の質の向上に主体的に取り組み、難病患者の医療およびケアの改善を図り、地域の皆様の健康と福祉に貢献することを目的としています。地域に暮らす難病患者様およびご家族が“自分らしくそしてより良く生きていく”ことを支えるために私たちに何ができるのか、難病医療関係者の皆様とともに考えていければと考えています。
何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

難病看護師

認定看護師の紹介

私ども熊本再春医療センター看護部は、各分野での専門性を活かして、常に質の高い看護を提供できるよう学び続けてまいります。院内はもちろん、近隣地域への施設に向けても勉強会の開催や出前講座など情報を発信しながらお役に立ちたいと思っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC) 勝木 信敬

勝木信敬

WOCは、W(創傷)、O(ストーマ)、C(失禁)に関するケアを専門とします。院内の活動だけでなく、退院後の継続ケアの支援や、出前講座の実施など、地域支援病院として地域に向けた活動も行っています。

感染管理認定看護師 末永 慎

末永 慎

患者さん、家族、また当院で働くすべての職員を感染の危険から守ることを目的として活動しています。インフェクション・コントロールチーム(ICT)としてのチーム活動を基盤とし、効果的な予防対策及び感染管理のシステム構築、それらの実践・推進に取り組み病院感染の低減を目指しています。

がん化学療法看護認定看護師 濱砂 依里

濱砂依里

がん化学療法を受ける患者さんや家族に対して、適切にアセスメントし、個々の日常生活に応じて、身体的・精神的・社会的側面より専門性の高いケアを実施します。抗がん剤治療によっておこる副作用を軽減し、患者さんの苦痛が少しでも緩和できることを目指して看護を行っています。

緩和ケア認定看護師 西 真紗美

西真紗美

緩和ケアは患者さん、ご家族に寄り添い、様々な苦痛を和らげることで、最期の時までその人らしく過ごすことを支えるケアです。スタッフやチームとともに、患者さん、家族がどのような苦悩を抱えているのか、何を大切にしているのかを知り、希望に添えるように支援していくことを目標としています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 林田 真由美

林田真由美

慢性呼吸器疾患看護認定看護師は、慢性呼吸器疾患だけでなく神経筋疾患や重症心身障害者に対し、安定期・増悪期・終末期におけるQOL向上に向けて実践・指導・相談を行っています。また、退院後の生活を患者さんと考え、多職種と連携し、ケアを提供していきます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 河津 誠紀

河津誠紀

様々な理由により、食べて飲みこむ機能に障害をきたした患者さんに対して、窒息・誤嚥性肺炎・脱水・低栄養などのリスクを回避し、安全においしく食べるためのケアを実践しています。その中で、院内多職種と連携し、食事内容や摂食姿勢なども検討していきます。

糖尿病看護認定看護師 財津 淑子

財津淑子

糖尿病は、神経障害や脳卒中、心臓病など様々な疾患を併発しやすい病気です。治療だけでなく、発症予防、合併症や重症化予防のため、糖尿病教室や糖尿病透析予防外来を通して、糖尿病とうまく付き合いながら生活する方法を、チームと連携して日々、患者さん、家族と関わっています。

認知症ケア認定看護師 永廣 ひとみ

永廣ひとみ

認知症者の多くは、自分の気持ちをうまく伝えられなかったり、表現することが難しい状況にあります。そのような方の「代弁者」として患者さんの思いを伝え、寄り添うことで少しでも入院によるストレスや不安が軽減出来たらと考えています。

特定行為看護師(2区分) 吉峰 代祏

吉峰 代祏

当院では気管カニューレを使用して療養生活を送られている患者さんが多くおられます。その方々に対し、気管カニューレ交換を安全安楽に、生活に合わせて行えるように活動しています。

特定行為看護師とは?

正確には特定行為研修を修了した看護師のことです。特定行為(高度かつ専門的な知識・技能が必要とされる行為)を医師の手順書をもとに行うことができます。
当院の特定行為看護師は、区分別科目の中で「呼吸器(気道確保に係るもの)関連」と「呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連」の2区分について修了しています。